自由学園女子部の校舎群(食堂・講堂・教室4棟・体操館)の計7棟とその敷地が東京都の有形文化財に指定されました。
生徒増により手狭となった目白(現明日館)から南沢(東久留米市)への移転は1934年。ライトとともに明日館を設計した遠藤新が建物群全体を設計しています。
※校舎として使用していること、コロナ禍にあることからも建物の見学は現在受け付けていませんのでご了承ください。

詳細は自由学園(本校)HPをご覧ください。
  ↓ クリックでジャンプします
東京都有形文化財に新指定 自由学園女子部・遠藤新設計の校舎群のエリア一帯