歴史  建築  明日館  講堂

自由学園明日館

住所:東京豊島区西池袋2丁目31-3
施主:羽仁吉一・もと子
設計:フランク・ロイド・ライト[明日館]、遠藤新[講堂]

自由教育運動と
自由学園の誕生

当時の自由学園

羽仁吉一・もと子夫妻

自由学園は、羽仁吉一・もと子夫妻により
大正10年(1921) に女学校として設立されました。

知識の詰込みではない、
新しい教育を実現するために作られた学校で、
生徒に自ら昼食を調理させるなど生活と
結びついた教育は
まさに大正デモクラシー期における
自由教育運動の象徴と言えます。

明日館はその自由学園誕生の校舎です。
アメリカが生んだ建築の巨匠
フランク・ロイド・ライトと、
その弟子の遠藤新の設計になる建築です。

校舎の設計

1921

中央棟・西教室棟完成

1925

東教室棟完成

1927

講堂完成

1921年当時の外観

ライト帰国の送別会

羽仁夫妻は、友人の建築家 遠藤新を介して、
当時帝国ホテル設計のために来日していた
ライトに校舎の設計を依頼しました。
ライトは羽仁夫妻の教育理念に深く共感し、
設計を快諾したと言われています。

大正10年(1921) に中央棟、西教室棟が竣工、
大正14年(1925) には東教室棟が完成、
昭和2年(1927) に講堂が完成し、
その年に初等部も設立されました。

自由学園移転後
「明日館」と命名

1934

学校は
東久留米市に移転

1934

生徒数増加により、
さらに広い土地を求めた自由学園は
昭和9年(1934)
東京都東久留米市に移転しました。
その後、羽仁夫妻が自由学園と日本の教育の
明日を託して命名した「明日館」は
卒業生の諸活動の拠点として使われてきました。
幸いにも関東大震災や太平洋戦争の被害を免れ
戦後は自由学園生活学校の校舎としても使われました。

動態保存のモデルとしての再出発

1997

国の重要文化財に指定

1999

保存・修理工事開始

大規模保存修理

学生による壁画の修復

平成9年(1997)に国の重要文化財に指定され、
国および都、区の補助事業による
保存修理事業を行いました。
平成11 年(1999)から
平成13年(20019月に中央棟、東西教室棟の3棟を、
また平成27年(2015)1月から
平成29年(2017)7月に
講堂の保存修理(耐震対策)事業を行い、
全4棟が竣工当時へと復原されています。

建物は使ってこそ維持保存ができると考え、
明日館は使いながら文化財価値を保存する
「動態保存」のモデルとして運営されています。
そのため、次の3項目を大きなテーマとして
保存修理事業が行われました。

1. オリジナル復原(ホールの窓枠、屋根の銅板葺など)
2. 恒久性を高めるための工夫( 鉄骨による構造補強、雨漏り対策など)
3. 活用のための改善(冷暖房設備、照明設備、トイレなど)

2001

明日館

保存・修理工事終了
動態保存スタート

現在の明日館

修理工事完了後は、
クラス会やセミナー、コンサート、懇親会などに
ご利用頂ける各部屋の貸出に加え、
TV-CM、雑誌の撮影など
さまざまな用途でご利用いただいております。

2017

講堂

保存修理
耐震対策終了

現在の講堂